口臭の原因は歯科で診断してもらいましょう

口臭の原因は歯科で診断してもらいましょう
口臭の原因は歯科で診断してもらいましょう

口臭を注意されて歯医者に行くのではなく、歯科医になればいい!

小さい頃から、生活の一部には剣道がありました。
それこそ高校大学時代には、毎日のように稽古に励んでいました。
剣道だけに集中して取り組める。いい時代だったと思います。
剣道選手にとって、避けて通れない問題が、社会人になってからの稽古環境の確保の問題です。
剣道にはプロがありません。そのため、競技を続けるには、警察官になるのが一番いいとされています。
現役とされる20代と30代の前半は、剣道が仕事になります。
その後、指導者となれるかは現役時代の成績によるようですが、一番環境の整っているのが警察官です。

しかし、家庭の事情で警察官に慣れない人がいたり、警察の仕事に興味が無かったりする人もいるので、一概に良いとは言えません。次に環境がいいとされるのが、教員です。
教員は、毎日の部活があるので、そこで生徒と一緒に稽古をすることができます。
また、公務員であるため、就業時間も一定しており、終業後に近くの道場に行って稽古をすることもできます。
教員の問題は、稽古相手のレベルが挙げられます。
また、赴任した学校に剣道部が無い場合は、専門外の部活動を指導しなければならないこともありますので、そうなると稽古時間が確保できないということも考えられます。


その中で、私がいいなと感じるのは、自営業です。
私の小中学校の先生は歯科医だったのですが、毎日のように稽古をしていました。
ご自分で歯医者を経営されていましたので、稽古時間を自分で確保することができていたようです。
私はものぐさで、よく虫歯を作っていましたので、先生の歯医者にお世話になることも多かったのです。
また口臭を注意されることもありました。

しかし、治療される側ではなく、治療する側に回れば、稽古環境も少しはよくなるのではないかと、考えています。
剣道をするために歯医者になる、という選択肢も、ありなのではないかと思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2018口臭の原因は歯科で診断してもらいましょう.All rights reserved.