口臭の原因は歯科で診断してもらいましょう

口臭の原因は歯科で診断してもらいましょう
口臭の原因は歯科で診断してもらいましょう

口臭は歯科医院で治るとは限らない

口臭に悩む人は、歯科に通い虫歯についてしっかり治療している人の中にもいるようです。
口臭の元は、主に嫌気性菌が発生する揮発性硫黄化合物が放つ臭いです。
この嫌気性菌は、酸素不足など嫌気的な環境にある歯周ポケット、舌背部の舌乳頭の深部、扁桃腺の深部にあるようです。
この発生については様々で、歯垢、舌苔、膿栓、食いしばり、ドライマウス、ストレス、自律神経の不調、粘膜の損傷、アレルギーなど、多くの原因が考えられます。
そのために、歯科での虫歯治療で口臭がなくなることは少ないようです。

口臭予防と対策については、1正しい歯磨き、2規則正しい生活、3食べるときにはよく噛む、4歯科医院での治療などが挙げられます。
まず、1正しい歯磨き、ですが、食べかすや歯垢を溜めないことが大切です。
次に、2規則正しい生活です。
唾液の分泌量不足が口臭の大きな原因の一つです、さらにこの唾液分泌量不足の原因が様々あるのですが、口呼吸や睡眠不足、ストレスなど生活習慣と関わっている場合が多いため、規則正しい生活がまず第一に必要となるでしょう。3食べるときにはよく噛む、ですが、これも上記2で書きましたように、唾液分泌量を不足させないための方法です。
現在の食生活は柔らかいものが増えたり、早食いが一般化していたりと、噛む回数が少ない傾向がありますので、意識的によく噛むようにしましょう。最後に、4歯科医院での治療も検討しましょう。全ての歯科医院で口臭についての相談が受けられるわけではありませんので、口臭について歯科医院の診察を受ける場合は、事前に口臭外来、口臭治療を行っているかを確認する必要があります。

注目のキーワード

Copyright (C)2018口臭の原因は歯科で診断してもらいましょう.All rights reserved.